フィラリアの薬。

グッちゃんのフィラリア対策についてあれこれ考えていたが、先日、相談も兼ねて病院へ行ってきた。 どうも純血種というのは病気に弱い。。(と日ごろから感じている。)
過去に飼ってきた野良出身の子達とは比べ物にならないくらい弱い。 なので、一応やっておいた方がよさそうかな‥と。。

猫のフィラリア感染率は低いらしいが、感染したら死に至る確率が犬よりも高いのだそう。 先生も、やっておいた方が安心でしょう、との事だった。

処方してくれたのは猫用ではなく、なんと犬用
大型種なので体重の関係上、こうなってしまうらしい。。
金額も中型犬並み。まあ、グッちゃんの大きさといったら中型犬に近いのだから当然といえば当然か‥。

ところで、フィラリアの薬の件で病院へ行ったのだが、耳がごく軽い外耳炎を起こしている、掻きむしってますね。 と指摘された。 確かに耳は時々掻いているけど。。 猫ってみんなそんなものじゃない?って思っていた。 そして外耳炎用の点耳薬と、ノミダニ予防薬の塗薬も出してくれた。 この辺は田舎で虫が多いせいかノミやダニに感染している猫ちゃんがとても多いんだとか。。 グッちゃんもそのせいで耳の炎症を起こしているんだと思います、との事。 ほんとか? でも一応もらってきたから塗ったげるよ、グッちゃん

フィラリアのお薬は錠剤だった。 砕いて粉にしてご飯に混ぜてあげた。
画像
残さず食べてよー

ちゃんと食べた
画像
よかった、完食

画像
また来月もよろしくねっ。。