10ヶ月おめでとう!

モーちゃんのお誕生日は7月24日。
お誕生日まではちょっぴり早いけど、モーちゃんの生後10ヶ月のお祝いをした
モーちゃんの意識がまだ多少なりともあるうちに。。
モーちゃんの記憶に残ってくれるよう願いをこめて。。

画像
  
画像
「モーちゃん、10ヶ月おめでとうっ
また元気になって、ほんとうのお誕生日もお祝いしようねっ


モーちゃんは動けなくなってから良く眠るようになった。
これまでの数週間、脳の興奮状態でずっと眠れなかったモーちゃん。
夜、隣で寝ているモーちゃんを見るといつも目を開いていたっ。。

画像
眠ってばかりなのもほんとうはとっても心配なんだけど。。
でもでも、気持ちよさそうだから‥いいよね、モーちゃん

嵐のあと。。

ずっと不調だったモーちゃんが17日(木)の夜に危篤になってしまった。
夜9:00から荒い呼吸になり、口元は小刻みに痙攣し、舌を出したまま苦しそうにしている。。
うつろな瞳にはもう何も写っていないかのよう。。
ときどきのけぞって目を剥いてしまう。静かだけど痙攣発作も起きている。
発作のたびに意識が遠のき、そのたびに声をかけて何とか呼び戻す。
「モーちゃん しっかりー
こんな状態が1時間半続いた。
荒かった呼吸が少しだけ落ち着き、痙攣も治まってきた頃、モーちゃんの意識はわずかに反応するくらいになってしまっていた。。

次の日もモーちゃんの呼吸は荒いまま。舌まで出して苦しそう。。
病院へ行くと、モーちゃんの膀胱がパンパンにふくれていると指摘された。
17日の発作以来、自分で排尿できなくなっていた。。
尿を出してもらうと、急にモーちゃんの顔が明るくなった
きっと楽になったんだねっ。
その後、呼吸もようやく平常に戻った。 
膀胱のこと、気付いてあげられなくってごめんネ。。

画像
発作の日以来、寝たきりになってしまったモーちゃん。。
「呼びかけにはわずかだけど反応できるよ

画像
グッちゃんも心配してるよーっ。。
「元気だしてー、モー太郎



ステロイド。

眼振がいっこうに治まらず、ぐったり気味なので、昨日またも病院へ。
ステロイドのお注射を打ってもらう。
その後、グーンと表情が明るくなってちょっぴり安心‥。していたのだが‥
今朝になってみるとまた元気がない

画像
「つらいにゃ~」

そして本日も病院へ。。
毎日病院へ通うのも大変でしょうからと、
いつものお薬に錠剤のステロイドを追加する事になった。
これを1日1回。
画像

ナゼか、元気がなくなり出してから発作がずーっと休止中。
せっかく発作が落ち着いているとゆうのに、この眼振。。 どうにか止まってくれますようにっ~

モーちゃんの現状。

現在モーちゃんには、利尿剤(イソバイド)と、抗てんかん剤(フェノバール)を
1日2回投薬している。
その他にも脳圧を下げる効果が期待できるという、H4Oという水素結合水を飲ませ、
ビタミン・ミネラル補給のため、ニュートリカルというサプリメントも与えている。
まさに、薬漬け。。

ここのところ調子ダウン気味で眼振が治まらず、元気もない為、昨日も病院へ。
「神経に作用する」 というお注射と
ビタミン剤のお注射、そして
脱水を起こしていたので皮下点滴までしてもらってきた。
これで少しはパワーアップしてくれるカナ

家に帰ってきてちょっとお疲れのモーちゃん。。

画像
「ゆっくり休んで元気になるんだじょ」  


モーちゃんの記録、はじめます。

生後5ヶ月で突然歩けなくなり、水頭症と診断された猫、モーちゃんの刻々と変化する日々の症状を記録していく事にしました。

画像
がんばろうねっモーちゃん

画像
そして応援隊グッちゃんもがんばりマス